お知らせ一覧

平成25年(2013)近江神宮「燃水祭」齋行

2013年08月21日 【お知らせ】

「燃ゆる土=天然アスファルト」「燃ゆる水=石油」のお祭り「燃水祭」が7月1日新潟県胎内市黒川においてに行われました。
その折採油された原油が天智天皇を祀る滋賀県近江神宮へ献上され、当時そのままに燃水献上の儀が齋行されました。

燃ゆる土=天然アスファルトは古来、接着・塗装・防水などに使用されており、燃ゆる土は防水業界の起源といえます。

今回、昨年祭事の主役ともいえる「日本書紀奏唱」の大役を、勤めた地元大津市の防水工事店で、近江神宮とも関わりのある(株)メイコウ杉本憲央社長が、燃える土関係の世話人として案内状に名を連ね、防水関係者15名が参列しました。

黒川村燃水際

舞楽 拝殿左側より